九櫻の歴史

1918年

はじまりは縫製業。道衣?袴の製造を手掛け、間もなく織布から製品までの一貫生産を開始し、「九櫻」を冠しました。

昔の九櫻の社屋

1964年

柔道が初のオリンピック種目となったのが、第18回大会の東京オリンピック。日本選手団の依頼で九桜の柔道衣を提供しました。

1964年の柔道競技場であった武道館

1979年

織布技術を駆使し柔道衣のすそ生地を初めて機械化。また、柔道衣の晒し(白化)にも成功し、世界の先駆けとなりました。

柔道衣を身につけた腰元

1991年

ブランドロゴが誕生。国花?桜の頭文字のSを取り入れ、帯のイメージしたデザインに、カラーは日の丸の赤です。

KUSAKURAのロゴ

1996年

柔道衣のカラー化の研究に協力。様々な色のサンプルを提出し、ブルー柔道衣の採用に貢献しました。

白と青の九桜柔道衣

2014年

技術力のある柔道衣のメーカーとして、新規格柔道衣の制定に尽力しました。

国際柔道連盟の認定マークが入った九櫻の黒帯

2018年

創業100年を機に、ブランドとして国内外に知られている、「九櫻」へと社名を変更しました。

株式会社九櫻の社名ロゴ